• HOME
  • Top
  • アパレル
  • 未経験者でも転職有利!アパレル店員の仕事内容や収入、必要な資格やスキルを調査
『アパレル店員』の仕事内容や収入、必要な資格やスキルを徹底調査!

未経験者でも転職有利!アパレル店員の仕事内容や収入、必要な資格やスキルを調査

アパレル店員なら誰でもできる、、、という印象を持っていませんか?

実際、アパレル業界にどうしても働きたくて、アパレル店員に転職したという方は多くいますが、業界が違うことで大変な想いをした人もいます。アパレル店員と一言で言っても、ラグジュアリーブランド、帽子のブランド、スポーツブランドなど、価格層やターゲット層の違いで働き方が大きく異なります。

そんなアパレル店員について仕事内容や年収、やりがいなどを当記事ではお伝えしていきます。

アパレル店員として働いてみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

『アパレル店員』って何?簡単に説明してみた

アパレル店員は、接客業務、コーディネート提案の印象が強いのではないでしょうか。

しかし、仕事内容はそれだけに留まらず、レジ対応や清掃、検品、ディスプレイの変更など、多岐にわたっています。

アパレル店員は、アルバイトやパートでも、経験を積めば誰でもできる仕事のため、異業種からの転職を狙っている方のファーストステップとして非常にオススメの職種になっています。

アパレル店員に向いている人
  • コミュニケーションが好きな方
  • ファッションセンスを磨きたい方
  • ファッションの知識を学びたい方
  • キャリアアップを目指したい方

『アパレル店員』の仕事内容とは?

上記の仕事内容を少し掘りさげていきましょう。以下がアパレル店員の主な仕事内容になります。

  • 接客業務
  • レジ対応
  • 店内の清掃
  • 入荷商品の検品
  • 品出し、商品の整理
  • ディスプレイの変更、メンテナンス

接客業務

接客業務では、お客様に商品やブランドに関する案内、お客様に合ったコーディネート提案を行います。

お客様が見ている商品、手に取っている商品の詳しい説明や、それに合ったコーディネートのアドバイスをする必要があります。

商品を購入してもらうためにアプローチすることはもちろん、お客様にセールスをしすぎて嫌悪感を感じさせないようにしなければなりません。

駆け引きが必要なので、軽い気持ちでは中々できません。

レジ対応、店内の清掃、入荷商品の検品、品出し、商品の整理

レジ対応も、非常に重要な業務です。

商品を購入してもらう際に、セールの案内やショップ情報を案内することができる絶好の機会なので、次回また来店してもらえるように工夫したレジ対応を行います。

商品の入荷があれば、開店前や空き時間に検品を行います。伝票を見ながら、商品の数、サイズ、傷や汚れがないかなど確認をします。

ディスプレイの変更、メンテナンス

ディスプレイの変更、メンテナンスでは、マネキンのコーディネートや商品の陳列、VMDなどの売上を大きく左右する業務です。商品の配置、商品の不足など、常にチェックを行います。

さらに、アパレル店員は土日、祝日出勤は当たり前になる職種です。

お分かりかもしれませんが、その日が最も多くお客様が来店されるからです。
したがって、人と話すことが好きな人、ファッションが好きな人には非常に向いている仕事です。

アパレル店員の仕事の5つのやりがい

アパレル店員には、主に5つのやりがいがあります。

  1. お客様の笑顔が見れる
  2. ファッションセンスが磨かれる
  3. トレンドに敏感になる
  4. ファッションに関する専門知識がつく
  5. 人脈が広がる

やりがい1:お客様の笑顔が見れる

お客様とコミュニケーションをとっている中で、コーディネート提案したり、自分が勧めた商品を気に入ってくれたりなど、お客様が喜んでくれ笑顔になった時、自分の中で大きな喜びになります。

やりがい2:ファッションセンスが磨かれる

お客様のコーディネート提案の他、仲間や先輩から刺激を受け、徐々にファッションセンスが磨かれます。

アパレル店員は、お客様のお手本です。

したがって、マネしたくなるようなファッションセンスが必要となりますが、経験を積んでいく中で身につけることができます。

やりがい3:トレンドに敏感になる

アパレル店員は新商品を誰よりも早く手に入れることができる点がメリットでもあります。

また、社割で同じ会社のブランドの商品を安く買うことができます

お得なことがあることはもちろん、新商品や様々な商品に触れることで、トレンドに敏感になります。

やりがい4:ファッションに関する専門知識がつく

働いていくうちに、自然とファッションに関する知識が身につきます。

お金がかかるファッション系の専門学校で学べるような内容を、逆にお金を貰いながら学ぶことができます。

手入れ方法、素材の保管方法、サイズの見方や着こなし方など様々。役に立つ内容を身に付けることができるので、職場ではもちろん、実生活でも活かすことができます。

やりがい:人脈が広がる

お客様と話していると、思わぬで出会いがあります。

例えば、来店してくれたお客様が、中学生の頃の後輩だったり、スタートアップの社長だったりと。

いろんな方と出会い、何回も話していれば仲良くなります。

人脈が広がれば、自分が知らなかった世界を知れたりとお得なことしかありません。

他の職種でも人脈は広がりますが、お客様という多種多様な方と多く話せるのはアパレル店員だけです。

アパレル店員の平均年収イメージは『308万円』

平均月収は26万円で、年収は325万円です。

当サイトでも紹介している転職エージェント『クリーデンス』で発表している年収データを紹介します。

25〜29歳 308万円
30〜34歳 467万円
35〜39歳 563万円
出展:https://www.crede.co.jp/contents/news/apparel-income08_sales.html

20代での年収は平均的ですが、年々徐々に年収は上がっていきます。続けていれば給与アップする見込みがありますが、多くの人はキャリアアップするために転職します。

アパレル店員はの年収は、どのような業界で働いているか、どれくらいの規模の企業に勤めているかによって大きく変わります。

7つ抑えておけばOK!アパレル店員に求められるスキル

アパレル店員に求められるスキルは以下の7つあります。

  1. 第1印象に良い印象を与える
  2. お客様の様子を観察する観察力
  3. お客様のニーズ(なりたい姿、欲しい商品)を聞き出す
  4. 類似種類の商品を提案する
  5. トレンドや情報を察知する情報収集力
  6. コミュニケーション能力
  7. 語学力

接客という立場のアパレル店員は求められるスキルが意外と多いのです。

完璧である必要はありませんが、ある程度はできるようにしなければならないでしょう。

さらに詳細が知りたい方は『未経験の人でも実戦できる!アパレル店員に求められる7つのスキル』を参考にして見てください。

スポンサーリンク

まとめ:アパレル店員

いかがでしたか。アパレル店員は簡単そうに見えて、意外と奥が深い職種です。アルバイトやパートの方でも出来るのは、しっかり知識や経験を積んでいるからです。

最初からできる人なんてこの世には誰もいません。

異業種からアパレル店員に転職を考えている方も、知識や経験がなくても比較的採用をもらいやすいです。アパレル・ファッション業界の最初のキャリア形成として、経験を積むには最適の職種でもあります。

しっかり経験を経てからキャリアアップを目指したいという方は、ぜひアパレル店員に挑戦してみてはどうでしょうか。

アパレル店員の求人を見る|TWC

関連記事一覧