アパレル

【未経験者必見】異業種からアパレル業界へ転職する際に抑えるべき3つのポイント

異業種からアパレル・ファッション業界へ転職する際に抑えておくべき3つのポイント

ファッションが好きな方なら一度はファッション業界で働いてみたいと思うのではないでしょうか。

アパレル・ファッション業界にはデザイナーやパタンナーなどの『服を作る仕事』、店長や店舗管理、アパレル店員など『服を売る仕事』など様々な職種があります。

中でも、アパレル店員の販売職は、未経験者でも採用される確率が非常に高いです。
実際、高校生や大学生がアルバイトなどでアパレル店員として働くことができています。

異業種からの転職の場合でも、経験や資格がなくても採用されるので、比較的アパレル・ファッション業界へ参入することは容易でしょう。

しかし、転職希望者の方は、未経験ということで採用されるのか不安な要素が多くあると思います。

履歴書や職務経歴書、面接で何が聞かれるのか、何を言えば最適なのか、実際のアパレル業界で働くことは楽しいのかなど、挙げてしまえばどんどんでてきます。

しかし、しっかり準備や情報収集を行っていれば、自信を持って転職活動を行うことができます。

この記事では、異業種からアパレル・ファッション業界へ転職する未経験者に向け、転職活動をする際に重要視するべき3つのポイント紹介します。

未経験者が転職する際に抑えておくべき3つのポイント

未経験でもアパレル業界へ転職する際に、以下の3つのポイントを抑えておけば、あなたの行きたい企業やブランドに転職しやすくなります。

  1. 履歴書や面接での志望動機
  2. 前職で学んだスキルや知識を活かす
  3. 事前にアパレル・ファッションについて勉強

詳しく見ていきましょう。

1:履歴書や面接での志望動機

履歴書や面接での志望動機
異業種からアパレル・ファッション業界へ転職する未経験者の方は、よく「ファッションが好きだから」という志望動機を言う(書く)方が多くいます。

しかしそれは間違いです。

「ファッションが好き」「○○というブランドが好き」という理由だけでは、アパレル・ファッション業界では評価されません。

なぜなら、ファッションが好きというのは前提条件、つまり『当たり前』だからです。

では何を言えばいいのでしょうか。

それはスバリ

『貴社で働きたいという熱意』
『転職の際のビジョン』

の2点です。

『貴社で働きたいという熱意』は、どの職種を希望したとしても、誇張するくらい「貴社以外に何も見えない」という状態であることを表現します。

そのためには、「本当にアパレルの販売がしたいのか」「本当にこの会社に入りたいのか」を考え、事前に下調べをすることが重要です。

『転職の際のビジョン』は、なぜ転職を決意したのか、前職を辞めた理由、転職後どういうキャリアプランを組んでいるのか、といった転職に関するビジョンを話します。

転職に絡むことは、企業側も知りたいことが多いです。

したがって、より多くの情報をコンパクトに話すためにも準備をしておくことが重要です。

【志望動機の書き方】

【1】最初に結論を述べる

最初に質問内容に対しての答えを提示することが重要です。

「貴社の豊富な商品やアイデアからインスピレーションを感じ、自己成長に繋げながら、お客様の生活をより楽しくさせたいと考えるからです。」

長ったらしく結論を最後の方だけに書くと、読み手に伝わりません。

会社で何をやり遂げたいか」どいう自己目標を書きます。

【2】理由・根拠を書く

なぜその目標にしたのか」という理由・根拠を具体的に書きます。

その目標にした経緯、こだわりなどを、今までの経験したことや努力したこと、考えを交えて書きましょう。

転職希望者はここで、転職を決めた理由や経緯も絡めると書きやすいです。

【3】具体例を挙げる

目標を達成するために何をするのか」「なぜその会社でないければならないのか」など、具体例を書きます。

実際に、働いたと仮定して、あなたが何をしたいのか、何をするべきなのかを考えましょう。

会社のストロングポイントを絡めて書くと、より説得力が増します。

【4】最後に結論をもう一度繰り返し述べる

1~3で述べたことをまとめ上げて熱意を伝えます。

「貴社に入社できた際は、前職で得た経験や長所を活かして、貴社の貢献とともに、お客様に笑顔になってもらうために一生懸命働きたい」

という風にビジョンを書きましょう。

2:前職で学んだスキルや知識を活かす

前職で学んだスキルや知識を活かす
アパレル・ファッション業界が未経験とはいえ、他の業界で学んだことを十分に活かすことができます

前職ではコンサルティング会社でExcelを利用したデータ分析を行っていたが、転職後に、外資系ブランド在庫管理で前職で身につけたデータ分析のスキルや知識を活かすというケースがあります。

その他にも、

  • IT系・・・EC通販の管理・運営、SNS運用
  • 医療系・・・服が与える人への影響、
  • ホテル、ブライダル系・・・接客、ビジネスマナー
  • 会計系・・・データを分析・改善の提案、経営

などなど、ざっくりではありますが、アパレル・ファッション業界で共通するスキルは必ず1つはあります。

さらに、ファッションの知識を必要としない専門的な職種なら、ファッション業界への転職は十分に可能です。

前職がファッション業界でなかったとしても、商品管理や販売経験などがあれば、ファッション業界でもそのスキルを活かす事ができるでしょう。

このように、前職で働いていたことから、どうアパレル・ファッション業界であなたが活かしていきたいのか伝えるといいでしょう。

3:事前にアパレル・ファッションについて勉強

事前にアパレル・ファッションについて勉強
先ほど、ファッションが好きというのは前提条件、つまり『当たり前』と話しました。

ファッションに関する知識をを必要としない職種もあり、採用されることが多いですが、結果的にファッション業界で働くなら、『ファッションが好き』ではなく『ファッションを知る・活かす』という形で勉強を行っていく必要があります。

ファッション好きな方は、様々なニュースを読んで情報をキャッチし、常に向上心を持って勉強するといいでしょう。

まとめ

未経験の異業種でも十分に転職は可能です。

ただ、アパレル・ファッション業界で働いてみたいからという安易な理由ではなく、自分なりのこだわりを表現すると転職成功率が格段と上がります

  1. 履歴書や面接での志望動機
  2. 前職で学んだスキルや知識を活かす
  3. 事前にアパレル・ファッションについて勉強

の3つのことを意識してぜひ、夢のアパレル・ファッション業界へ挑戦して見てください。

転職エージェントを利用すると未経験者でも簡単に転職活動が可能

アパレル・ファッション業界で働くことが未経験、転職活動が未経験という2つのことが初めてだと、不安な要素が非常に多いのではないでしょうか。

そこで、当サイトで紹介している転職エージェントを利用することをオススメします。

  • 無料で転職のサポートを受けられる
  • 履歴書、面接の対策を行ってくれる
  • あなたのスキルやキャリアに合った企業を紹介してくれる
  • めんどくさい企業とのやりとりを代行してくれる
  • 無料でセミナーに参加できる

などなど、無料で様々な転職のサポートを受けられます。

また、当サイトで紹介している転職エージェントは、アパレル・ファッション業界に特化しているので、総合型転職エージェントに比べ、採用率が断然違います。

未経験者でもアパレル・ファッション業界に転職することは可能ですが、それでも経験者が優遇されます。

経験値を求められるあぱれる・ファッション業界に一人で転職に挑むと、不安なことばかりです。さらに、現職で働きながら転職活動をする場合にも、情報収集などの時間がありません。

ぜひ、スムーズに転職活動を行い、採用される確率が高い転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか。

古着通販「Shikisen」
Shikisen

古着女子から古着男子に嬉しい、トレンド古着が豊富に揃っています。海外にて世界に1つしかない一点ものであり、あなたにしか出せない個性あるファッションができます。

詳細ページ公式ページ