アパレル人気企業の年収ランキング

転職するならココ!アパレル人気企業の年収ランキングベスト20!

アパレル・ファッション業界へ転職を考えているのだけど、実際どの企業やブランドで働けば良いのか分からないという方も非常に多いです。

転職を行う際に企業を選ぶポイントとして、

  • どんなブランドを展開している企業なのか
  • 売上、社員数などから全国的にその企業はどのくらいのレベルか
  • 福利厚生は整っているのか
  • 企業理念が自分と合っているのか
  • 年収はどのくらいか

などなど、様々な条件があります。その中でも、特に重視したいのは

『年収はいくらか』

結果的に給料が良くなければ、たとえ良い環境で良い人間関係だろうと、生活できなければ働き続けることは難しいです。

男性でも女性でも、家のローンや自動車の維持費、将来への貯金や積立などお金をたくさん稼がなければなりません。

また、結婚をして家族を築き、お子さんがいるのなら、なおさら学校の授業料や制服代、生活品のためにお金が必要になります。

この記事では、リサーチで得た年収が高い順にランキング形式で、アパレルの人気企業を紹介しています。

ぜひ、転職の企業やブランド選びの参考にしてください。

リサーチの元で得た年収の結果なので絶対では無いです。バラツキや年収に大きな誤りがあった場合ご了承ください。

1.株式会社オンワードホールディングス

『23区』『Calvin Klein』『自由区』などのブランドを展開している会社。ファッションを基軸とした生活文化企業として、ブランドを磨き上げその価値の極大化を図る「ブランド軸経営」を基本戦略としています。日本のアパレル業界の中でも、ブランドネームは、大きい為やり甲斐はあり、研修もあるので、本部の作り手のVMDや作り手の話を聞く機会があり、販売だけでなく学ぶことは多いです。

代表ブランド 23区、組曲、自由区、icB、Paul Smith、TOCCA、Calvin Klein
売上 1,394億3800万円(2018年2月期)
平均年収 898万円(2017年2月決算)
社員数 836名(2018年2月期)
公式サイト 株式会社オンワードホールディングス

2.リーバイ・ストラウスジャパン株式会社

アメリカ合衆国を拠点とするジーンズのブランドの『リーバイ・ストラウス』の日本企業で、『Levi’s』で有名です。アメリカのサンフランシスコに本社を構えるリーバイ・ストラウス&カンパニーの一員で、日本市場向けに『リーバイス®ブランド』商品の製造・輸入・販売を行っています。「相手の立場で考える」「本物でありつつ、革新的であること」「誠実である」「信念を守るために立ち向かう人々は私たちの創りだす服を愛し、私たちの会社を信頼する。」を理念に、リーバイスブランドを日本に広めています。男女問わず、スキルアップできる環境がある産休制度などもしっかりしている体力のいる業務なども協力し合いこなす事ができます。ジーンズが好きな方はここで働くと多くの知識や情報に触れることができるのは間違いなし。

代表ブランド Levi’s
売上 130億1800万円
平均年収 887万円(2017年11月)
社員数 296名
公式サイト リーバイ・ストラウスジャパン株式会社

3.株式会社ファーストリテイリング

『ユニクロ』『GU』を基盤に日本のファストファッションを流行らせた大企業。特に新卒、転職、アルバイト全て1番人気のある企業です。現在、海外進出も始めており、2017年8月末現在の店舗数は、国内831店舗に対し海外1,089店舗で、海外事業の売上高はユニクロ事業全体の約47%を占めています。そのため、国内だけでなく海外での仕事も多いです。国内のグループ会社への出向もあり、グループ内での人材活用は進んでいます。また、2006年に立ち上げたGU事業は、低価格でファッション性が高いブランドとして、日本市場で成功を収めています。店舗数は2017年8月末現在372店舗まで拡大し、売上高は1,000億円を突破しました。SPAのビジネスモデルによる独自商品を開発し、競争力が高いブランドに育っています。難しい仕事を任せられることが多い為、個人の成長は早く、著しいです。しかし、細かいところにまで手が届かないため、販売員としては土日の休みはほぼない場合があります。

代表ブランド ユニクロ、ジーユー、セオリー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム、J Brand
売上 1兆8619億1700万円(2018年)
平均年収 791万(2017年8月決算)
社員数 50,849名(2018年2月28日)
公式サイト 株式会社ファーストリテイリング

4.株式会社AOKIホールディングス

スーツで有名な『AOKI』。AOKIグループは、あらゆる業態のビジネスを通じて、「世の中の為になり」「顧客満足を創造し実践」するために全力を尽くしています。お客様一人一人のお声や時代のニーズから導き出される問題を企業課題として捉え、それを解決することで世の中のためになり、社会に貢献するをモットーにしている会社です。スーツを主軸に販売しているため、接客マナー、コミュニケーション能力、採寸、入出荷処理、梱包など、 様々な業種で役に立つスキルを身に付けることができます

代表ブランド AOKI、ORIHICA
売上 1,984億1700万円(2018年3月期)
平均年収 725万(年収ガイド
社員数 5,857名(2018年3月31日)
公式サイト 株式会社AOKI

5.株式会社三陽商会

『MACKINTOSH LONDON』『Paul Stauat』などを取り扱っている日本のファッション業界を古くから盛り上げてきた企業の1つ。「真・善・美」を根幹とし、「TIMELESS WORK.ほんとうにいいものをつくろう。」は、生活者から共感・共鳴され、愛される企業になるため、その指針となるメッセージとして掲げています。バーバリーのライセンス失効で売上が下がってしまっているのも事実ですが、カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまで幅広く取り扱いがあるため、どのような年齢層の顧客でも対応できるようになります。顧客管理は徹底しているので、お客様を呼ばなければいけない時に的確に呼べて、薦めるべき物を薦める力がついたという口コミもあります。

代表ブランド AMACA、EPOCA、MACKINTOSH LONDON、100nencoat、Paul Stauat
売上 625億円4900万円
平均年収 650万円(2017年12月決算)
社員数 991名(2017年12月31日)
公式サイト 株式会社三陽商会

6.株式会社ワコールホールディングス

「世の女性に美しくなって貰う事によって広く社会に寄与する」を目標に、子会社57社および関連会社8社で構成され、インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア及びリトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品及び関連製品の製造、卸売販売及び一部製品の消費者への直接販売を主な事業としています。更にその他の事業として、飲食・文化・サービスおよび店舗内装工事の事業を展開しています。勉強会がかなりのペースで行われており、新商品やボーディーについて知り得ることが豊富にありスキルアップを見込めます。下着メーカーということもあり、女性の生き方を尊重するような社風を感じ、産休や育児休暇については充実しています。

代表ブランド ワコール、パルファージュ、アツコマタノ、アンフィ、グラッピー
売上 2000円億以上
平均年収 616万円(年収ガイド
社員数 21,675人(2018年3月末)
公式サイト 株式会社ワコールホールディングス

7.株式会社西松屋チェーン

子供やお母様方に人気の「うさぎ屋」こと『西松屋』。子どもをもつ家庭の日々の暮らしをより豊かなものにすることをモットーに、著しく様変わりする社会や経済の中で、ハイ
クオリティかつロープライスな商品を提供する子どもたちのための専門店チェーンとして人気を博しています。しっかりレジ対応や有給など、マニュアルがあるので安定を求める方に非常に嬉しい企業。PCでの商品管理、チェックも多いので、少しPCが出来ないと、覚えることが多いので大変という口コミもあります。

代表ブランド 西松屋
売上 1373億900万円(2018.2月期)
平均年収 600万(※2017年2月決算)
社員数 695人
公式サイト 株式会社西松屋チェーン

8.株式会社TSIホールディングス

『nano・universe』『NATURAL BEAUTY BASIC』『MHL.』『MARGARET HOWELL』など若者に人気なブランドを展開している企業。時代の流れを先取りする、最高のクリエーションとライフスタイル提案を通じて、世界で最も愛されるグローバルグループを目指しています。経験のある30代のスタッフが多く割と潤滑に仕事が出来、福利厚生や妊娠、出産の手当てなど備わっています。長く勤務しているスタッフが多数いるので、相談などもしやすいです。

代表ブランド nano・universe、NATURAL BEAUTY BASIC、MARGARET HOWELL、PEARLY GATES、HUF、STUSSY
年間売上 1554億5700万円(2018年2月期)
平均年収 594万(年収ガイド
社員数 5,531人(2018年7月)
公式サイト 株式会社TSIホールディングス

9.株式会社しまむら

低価格の王様といってもいいほどの代表的なファッションセンター『しまむら』の企業。
商業を大きく分けて食品関連をフード、衣料とファッション関連をソフトグッズ、住関連をハードグッズとすると、私たちしまむらは、国民生活が豊かになればなるほどその感性が高まるソフトグッズ分野を事業範囲として推進していくことを基本と考えています。販売、接客業が好きなら、楽しい職場です。セールなど多いため、忙しくて一日があっという間に終わることも。時間の配分や、1日の予定、目標を自分で考えてやらないと仕事はたまっていくが、達成感を味わえます。また、個人の販売ノルマが無いのも意外と働きやすいポイント

代表ブランド しまむら、アベイル、バースデイ、ジャンブル、ディバロ
売上 5651億200万円(2018年2月)
平均年収 583万円(平均年収.jp
社員数 18,628名(2018年2月)
公式サイト 株式会社しまむら

10.株式会社ワールド

『創造全力、価値共有。つねに、その上をめざして。』歴史のある会社ですが、お客様へ価値を提供し続ける仕組みをつくり、それを実行することにより、お客様の共感をいただき、常に新たな可能性に向けて自らを革新し続ける向上心のある会社です。歴史ある会社=知名度もあり信頼もある会社なので、お客様へ胸を張っておすすめできるところもいいところです。また、会社自体が費用削減のため、あまり残業はしないようにという教えがあります。

代表ブランド INDIVI、index、AG、TAKEO KIKUCHI
売上 2458億2900万円
平均年収 568万円(カイシャの評判
社員数 11,020名(2018年3月末)
公式サイト 株式会社ワールド

11.株式会社トライアイズ

1995年3月にソフトウェアの開発・販売会社として創業され、ファッションブランド、建設コンサルタント、不動産・証券投資をメイン事業としている企業です。ファッションブランドでは、『CLATHAS』『HANAEL』『東京ブラウス』など日本人向けの商品を展開。

代表ブランド CLATHAS、HANAEL、東京ブラウス、KUIPO
売上 24億7300万円 (平成27年12月期)
平均年収 568万円(年収ガイド
社員数 89名
公式サイト 株式会社トライアイズ

12.株式会社アダストリア

国内外で17ブランド、約1300店舗を展開するファッションカジュアル専門店チェーンです。『Global Work』『HARE』『RAGEBLUE』など、日本の若者に大人気のブランドを取り扱っています。国内だけではなくグローバルに存在感をもち、SPAの仕組みを背景とするマルチブランド戦略を強みに、アパレルだけでなくあらゆるファッションがもたらす“ワクワク”する喜びをお客さまにお届けする「グローバルマルチブランドファッションSPAカンパニー」となることを目指して、さらなる変革と挑戦を続けています。
アルバイトから正社員並みのレベルを求められますが、正社員登用されてからは店長職やマネージャー職などにキャリアアップも可能です。社員として店舗を引っ張る力量のある人なら自然と昇格になることも。

代表ブランド Global Work、LOWRYS FARM、niko and…、studio clip、LEPSIM、RAGEBLUE、HARE
売上 2,227億8700万円 (2018年2月期)
平均年収 536万円(平均年収.jp
社員数 5,677名(2018年2月)
公式サイト 株式会社アダストリア

13.LVMHグループ

世界的に有名なラグジュアリーブランド『LOUIS VUITTON』『FENDI』『LOEWE』などを取り扱っている企業。創業の際にベルナール・アルノーが掲げた3つの 企業理念は、LVMHのすべてのメゾンによって共有され、成長を促し、パフォーマンスと長期的な成功の柱となっています。LVMHグループに必要なのは、クリエイティブな考え方と実践的なビジネスマインドを持ち、起業家精神に富み、国際的視野を備え、ラグジュアリー製品を深く理解している人。
卓越性を追求し、ブランドのDNAを守りつつも将来へ目を向けることができる人を求めています。高級なブランドなため、アパレル・ファッション業界でキャリアアップを目指している方はチャレンジできる企業。

代表ブランド LOUIS VUITTON、FENDI、LOEWE、KENZO、GIVENCY、MARC JACOBS
売上 5兆7,132億2,400万円(日本は約3,999億2,500万円)
平均年収 509万円(カイシャの評判
社員数 145,000人(全世界)
公式サイト LVMHグループ

14.株式会社ユナイテッドアローズ

私たちは、「美」を徹底して追い求めるとともに、「生産性」「スピード」「クオリティ」を極め続ける事を通じて、この目標を実現ています。お客様価値、従業員価値、取引先様価値、社会価値、株主様価値を大切にし、特に、「お客様価値の創造」を重きを置いています。他の4つの価値を等しく高めることがお客様価値の向上につながり、お客様価値の創造が達成されて初めて、他の4つの価値が意味を為す、というのがユナイテッドアローズの考え方。中途採用が多く、転職しやすい企業で、働く中で、目標管理シートという個人の成長のためのツールがあり、それを毎月振り返ることにより、目標の達成感が味わうことも。

代表ブランド UNITED ARROWS、BEAUTY&YOUTH、green label relaxing、Jewel Changes 、coen
売上 1544億900万円(2018年3月期)
平均年収 464万円(年収ガイド
社員数 3,970名(2018年3月)
公式サイト 株式会社ユナイテッドアローズ

15.コーチ・ジャパン合同会社

世界的に有名なアメリカの『COACH』製品を日本で輸入及び販売を行なっている企業。
名前が大きいのでCOACHで働いているというと胸を張れます。周りとの調和が取れないとチームセリングができないので必然的に社会人として必要なスキルが向上し、レザーの知識も最低限自然と身につきます。基本的に残業は少ないため、家族と過ごす時間はあるが、結果的にどうしても家で作業するサービス残業があることも。

代表ブランド COACH
売上 654億円
平均年収 412万円(カイシャの評判
社員数 2,000名
公式サイト コーチジャパン合同会社

16.株式会社マリアージュ

マリアージュは、デザイン」「品質」「サービス」のブライダルジュエリー(婚約指輪・結婚指輪)の提供、宝飾品を取り扱った事業を行なっている企業です。
「結婚」と言う、お客様の大切な人生の1ページのお手伝いが出来る事に、やりがいを感じるスタッフは多いです。また、販売=人間力と考える社風の為、成果よりも時にプロセス(過程)を大事にする時もあり、良いプロセス=良い結果と捉えられることも。

代表ブランド Mariage
売上 7億円(2016年6月)
平均年収 400万円(カイシャの評判
社員数 30名
公式サイト 株式会社マリアージュ

17.株式会社コム デ ギャルソン

日本を代表する世界的なファッションブランドの『コム・デ・ギャルソン』。通称『ギャルソン』と呼ばれ、多くのコアなファンを魅了するコム・デ・ギャルソンはいまでは世界に200以上の直営店をもつ世界で愛されるファッションブランドです。高価かつ斬新なデザインの商品を扱うため、ファッション全般の知識、顧客獲得のための人間力、予算達成への重圧など、精神的にタフでなければ厳しい面があります。逆に、販売スキルや、商品を売り込むためのプレゼン力は身に付くので、キャリアアップ目指している人にとっては良いポイント。高級なブランドで世界的にも知名度が高いため、アパレル会社にしては、しっかり給料を頂ける方。

代表ブランド コム デ ギャルソン、コム デ ギャルソン・コムデギャルソン、コム デ ギャルソン・ガール、コム デ ギャルソン・オムプリュス、コム デ ギャルソン・シャツ、コム デ ギャルソン・オムドゥ
売上 400億円
平均年収 394万円(カイシャの評判
社員数 900名
公式サイト コム デ ギャルソン

18.株式会社ライトオン

リーバイス、エドウィン、ジースターを同時に履き比べられるお店の『Right-on』
年齢・性別を超えた幅広い客層に、ジーンズを中核アイテムとしたカジュアルウェアを販売する専門店です。ショッピングセンター、パワーセンター、駅ビル等のインショップ、都市型路面店及びロードサイド型店舗と様々な出店形態により全国チェーン展開。
「本物のジーンズをラインナップすること」に強いこだわりをもち、技術の進化とともに革新的な機能をもったアイテムを打ち出していくこと、ファッショントレンドの変化にしっかりと対応した商品を打ち出していくことで、普遍的であるジーンズを常に進化させています。目標売上金額の設定などはありますが、超えられなくて怒られるとか、御給料を減らされるということはなく、次はどうしたら売れるか一緒に考えてくれる社員さんが多いという口コミもあります。

代表ブランド Right-on
売上 800億2800万円
平均年収 392万円
社員数 998名(2017年8月20日現在)
公式サイト 株式会社ライトオン

19.株式会社ビームス

『BEAMS』はモノを通して文化をつくる“カルチャーショップ”を目指しています。半期に一度、ボーナス査定のための考課面談があり、自分で半期の目標を決め、次回に検証を行います。目標の決定に際しては所属長と相談する事が出来るので、自分の成長に効果的な目標設定をする事ができます。また、社員の成長やワークライフバランスをサポートする待遇・福利厚生も充実しています。契約社員から正社員への登用も積極的で、希望者における1年後の登用率は100%(2017年度実績)を誇っています。

代表ブランド BEAMS、BRAMS BOY、BEAMS F、BEAMS GOLF
売上 744億円 (2017年2月期単体)
平均年収 383万円(カイシャの評判
社員数 1,755名(2018年4月)
公式サイト  株式会社ビームス

20.株式会社ストライプインターナショナル

女性に人気な『earth music&ecrogy』『koe』『Green Parks』などを展開している岡山発の企業。ファッションはもちろんですが、山の地域活性化の為など、クリーン活動や現代アートなどを社長が出展したりするなど、会社から離れた所でも活躍しているので、いろんな体験ができます。時短勤務や産休、育休制度、キッズ休暇などがあり、働くママさんには非常に嬉しい職場です。時短勤務も5-7時間で選ぶことができ、勤務スタイルも様々。

代表ブランド earth music&ecrogy、koe、Green Parks、YECCA VECCA、SEVENDAYS SUNDAY
売上 1,242億円(2016年度)
平均年収 295万円(カイシャの評判
社員数 3,437人(2018年1月末)
公式サイト 株式会社ストライプインターナショナル

まとめ:転職エージェントは条件の良い人気企業の求人が豊富に!

いかがでしたか、日本で年収の高い順でアパレル人気企業を紹介しました。

今回紹介した企業は、転職に限らずアルバイトから新卒の方まで人気の企業になっています。

販売員だけでなく、ファッションデザイナーやパタンナー、生産管理など様々な職種の求人があり、キャリアチェンジやキャリアアップを臨んだ多くの方が、転職を成功させています。

しかし、転職求人サイトだけでは、独りで転職活動を行うことが難しく、さらに知ることができない求人もあります。

その反面、当サイトで紹介しているアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントは、今回紹介した人気アパレル企業の求人が豊富に揃っています。

無料のオススメのアパレル特化の転職エージェント』で厳選した転職エージェントを紹介しています。

ぜひ、あなたが働いてみたい企業の求人を見つけるためにも、1度、転職エージェントを利用してみてください。

https://furugishion.com/job/change-job-agent/apparel-agent-summary/

関連記事一覧