アパレル業界へ転職時期は?

アパレル業界へ転職時期は?求人が増える6月と11月と穴場の3月

アパレル業界へ転職するベストのタイミングっていつがベストのタイミングなのでしょうか。アパレル業界へ転職するタイミングは重要。必要としていない時期に転職活動してたら採用されにくいのです。

アパレル業界は常に人手不足の傾向があり、通年を通して求人を募集し採用していることが多いです。

中でも特に求人が多く出され、人員を欲しがるブランドが続出する時期があります。

転職したいと思ってすぐ辞めて求人の少ない時期に転職活動していては、経済的にも精神的に削れてしまいます。そんな失敗をしないためにも、アパレル業界へ転職したいと思っているあなたに、アパレル業界で求人が多くなる時期やタイミングをご紹介します。

求人が多い時期では、採用される確率が高くなるのでチェックしておきましょう。

アパレル業界へ転職するベストのタイミングは?

アパレル業界へ転職するベストのタイミング
アパレル業界へ転職しようと思い立った時がベストタイミングです。

後ほど求人が多くなる月や、タイミングなどをご紹介しますが、転職活動は早めに行っておくことに越したことはありません。

求人情報は掲載期限などもあるため、良い求人と出会うには、転職しようと考えた時から転職エージェントや転職求人サイトなどに登録して、毎日求人をチェックすると良いでしょう。

就業中で仕事をしながらチェックすることは大変ですが、隙間時間にも見ると奇跡的に「この求人いいな!」と思える求人を見つける確率があがります。

アパレル業界の求人は何月が多くなる?

とはいえ、何月頃に転職活動すればいいのか分からないですよね。

そういった方に向けて、いつの時期に求人をチェックし、転職活動すればいいのかご紹介します。

6月、11月はアパレル業界の求人が多くなる傾向

6月、11月はアパレル業界の求人が多くなる傾向
アパレル業界では、在庫を残さないためにも、夏(8月)・冬(12月、1月)にセールを行います。特に年末年始の冬セールが忙しさがピークです。

スタッフ総出で出勤しますが、それでも人員が足りません。そのため、セール前は人手が欲しいと考えるブランドが多く、採用の基準も低くなる可能性があるので転職活動のチャンスです。

また、6月〜7月、12月〜1月夏のボーナス後に辞めていく人が多いため、それを見越して人員補充のために1ヶ月前程から求人を出されることも多いです。

このように、アパレルの場合は繁忙期(8月、12月、1月)に向け、人員増強のために求人を出すことが多いのです。狙い目はこの月ですが、合わせて求職者も増える傾向にあります。

応募の倍率は高くなるため、良い求人ほど即戦力である人材を採用するので、早めの行動を心がけましょう。

3月は狙い目!新卒入社だけではない中途採用募集

アパレル転職の時期で3月は狙い目
4月は新卒入社や組織変更のため求人が少ないですが、その前月の3月は中途採用として転職することもオススメです。

新卒社員の採用と同時に、中途採用を積極的に募集しているブランドも多いのです。

同時に、店舗リニューアルやオープン前の店舗なども狙い目なので、6月や11月の応募競争率が高くない3月の求人にも注目しておくと良いでしょう。

アパレルの新店舗やブランドの立ち上げにも注目すべき

新規事業や新店舗、ショッピングセンターがオープンする時などは、人員を補充するために、求人を出すことが多いです。

新しいショッピングセンターや商業施設などがオープンする前は、その中にアパレルも入ってくるので特に狙い目です。

あなたが住んでいる近くで、オープン前のショップングセンターなどがあれば情報に気を配っておくと良いでしょう。

また、閑散期の3月辺りも、改装工事を行う店舗も多いため、それに合わせてリニューアルスタッフを募集することもあります。

転職エージェントを介さず、パパッと求人を見つけることができる穴場にもなります。

アパレル転職活動する前に”仕事は退職しとくべき”

転職活動する前に仕事は退職しとくべき
転職は即戦力の人員補充として採用されるケースが多いため、退職日が決まっていないと、採用されることが難しくなります。

よって、転職活動するなら、退職日が決まってからの方がスムーズに日程が組みやすいでしょう。

法的には2週間前に退職の意思を告げれば良いのですが、できれば1ヶ月前ほどから言った方が働いている会社としても退職処理もスムーズに行えます。

まとめ:セール前や3月の新規オープン、リニューアルオープン前の応募がおすすめ

アパレル業界は全体的に1年中求人を募集していますが、少しでも採用される確率を高めたいのなら、セール前の時期(6月、11月)や3月の新規オープン、リニューアルオープン前の応募がおすすめです。

この時に、注意しておくべきことは、面接時にいつから働き始められることができるのか擦り合わせておくことです。

これができていないと、繁忙期に合わせて人員強化したい企業側が採用した意味がないので、採用されないケースもあるからです。

日程調整のためにも、早めに求人をチェックすることをオススメします。

毎日求人をチェックするのが大変という方は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントに登録しておき、自分の希望をコンサルタントに言えば、あなたにマッチした求人を紹介してくれます。転職エージェントの求人は、非公開求人も多いため、応募倍率も比較的に低く、より条件の良い求人に出会うことが可能です。

スポンサーリンク

オススメアパレル特化転職エージェント3選

大手人材会社のサポート力「クリーデンス」

クリーデンス

クリーデンスは、「DODA」「an」など、130,000人以上の方をサポートしてきた経験があり、これらの経験やノウハウを活かして、アパレル・ファッション業界に転職したい方を支援しています。東京、名古屋、大阪にオフィスを構え、現在登録ユーザー数は143,000人を越え、求人企業数は2,800社以上もあります。情報収集や書類添削、日程調整は全てクリーデンスが代行してくれ、デザイナーやパタンナーなどの職種の求人の比率が多いことも特徴です。

雇用形態正社員
取り扱い業態メーカー / SPA / ODM・OEM / 商社 / EC・通販 など
職種デザイナー・パタンナー・MD・VMD・プレス・生産管理・営業・Web / EC運営・店長・販売・管理部門 
サービス地域全国可能
運営会社パーソルキャリア株式会社

詳細ページ公式ページ

全国の求人対応&未経験のための研修充実「iDA」

iDA
iDAは、求人掲載数は16000件以上を超えており、美容部員、ラグジュアリー、アパレル、雑貨、アクセサリー販売など、ジャンルが多数あります。ファッション・コスメ業界専門の人材会社としては初めての「職業紹介優良事業者」に登録、「一般社団法人 日本プロフェッショナル販売員協会」に加盟しているため、信頼できる転職エージェントです。販売職の求人がメインで揃っています。社員としての販売職の求人だけでも2,325件もあります。(2019/04/04時点)その他にも、取引ブランド数は5,000ブランド越え、派遣の福利厚生が充実、転職支援で転職お祝い金が決定した方には3万円~最大15万円、教育・研修制度が充実しているので販売未経験の方でも安心といった魅力的なポイントがあるので、ぜひチェックしてください。

雇用形態派遣社員、正社員
取り扱い業態ラグジュアリー / アパレル / コスメ・化粧品 / シューズ・バッグ / ジュエリー・アクセサリー
職種販売職(一般~店長)・エリアマネージャー・トレーナー・VMD・MD・プレス・バイヤー・生産管理・ディストリビューター・デザイナー・WEB・エンジニア・パタンナー
サービス地域全国可能
運営会社株式会社iDA(アイ・ディ・エー)

詳細ページ公式ページ

転職定着率80%&書類選考免除もあり「ファッショーネ」

ファッショーネ
『ファッショーネ』は、求人数1,000社以上、専門職の案件が700社以上のアパレル・ファッションに特化した転職エージェントです。運営会社は、全国に21社展開している大手企業の「レバレジーズ株式会社」。約92%が正社員をメインとした転職支援サービスで、お店での販売職、スタッフはもちろん、本社で働くMDやデザイナーといった専門職の転職支援も行っています。また、関東圏の東京・千葉・埼玉・神奈川の地域ごとに専任のキャリアコンサルタントがいて、地域密着型の提案をしてくれます。

雇用形態正社員
取り扱い業態メーカー / SPA / ODM・OEM / 商社 / EC・通販 など
職種デザイナー・パタンナー・MD・バイヤー・VMD・マーケティング・プレス・販促・テキスタイルデザイナー・SV・営業・生産管理・貿易事務・販売・店長・通販EC・その他
サービス地域関東圏を中心に紹介可能
運営会社レバレジーズ株式会社

詳細ページ公式ページ

そのほかに気になる転職エージェントは下記を参考にしてください。

関連記事一覧