• HOME
  • Top
  • オシャレ
  • レトロで個性的!50年代ファッションの特徴と古着コーデのポイント

レトロで個性的!50年代ファッションの特徴と古着コーデのポイント

今回は50年代のファッショントレンドについてご紹介します。古着は、過去にトレンドとなったファッションが元になっています。

1950年代では、第1回NHK紅白歌合戦(ラジオ)が行われたり、東京タワーが完成した時代でした。

そんな1950年代に流行となったファッショントレンドや50年代アイテムを取り入れた古着コーデをご紹介します。

1950年代のファッションの特徴とは?

50年代のファッションスタイル

出展:Pinterest

1950年代のファッションは「アメリカン・スタイル」が基礎となっています。

理由として、1945年に第二次世界大戦が終わった頃なので、一気にアメリカの文化が流れ込んだ時代になります。

アメリカの映画・音楽文化がファッションに強く影響を与えました。映画に出演している俳優、女優のスターが着こなしているファッションスタイルが大流行。

社会支配に反抗するサブカルチャーの文化の一つとして、ファッションでその主張を訴えるような動きもありました。

ここからは1950年代のメンズ、レディースそれぞれのファッションの特徴を見ていきましょう。

1950年代のレディースファッションの特徴

【1】Aラインを見せるスカートやワンピースが大流行

ニュールック

出展:Pinterest

1947年にクリスチャン・ディオールがパリコレで発表した「ニュー・ルック」が世界的に流行しました。

ニュー・ルックスタイルは、当時流行だった肩パッドを外し、細く絞ったウエストと、そこから広がるふんわりとしたスカートの着こなし方です。

別名で「8ライン」と言われていますが、現在では「Aライン」が最もトレンドです。

他にも、

  • チューリップライン
  • Hライン
  • Aライン
  • Yライン
  • アローライン
  • マグネットライン
  • スピンドルライン

といった、上から下にかけてローマ字の「A」のようなシルエットを見せるスカートやワンピースが流行になりました。

>>>古着通販ベクトルパークで「スカート」をチェック

【2】オードリー・ヘップバーンが憧れの的に

1954年に公開された、オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」をきっかけに、オードリー・ヘップバーンの爽やかなスタイルが大流行しました。

オードリーヘップバーンのローマの休日

出展:Pinterest

可愛いというよりも綺麗すぎる雰囲気に魅了された日本の女性たちは、ヘップバーンヘアーと呼ばれるショートカットを真似し始めます。

さらに、華やかな色合いや柄をもつスカーフやネッチカーフを首や頭に巻くスタイルが人気なったのです。

50年代のオードリーヘップバーンのスカーフ

出展:Pinterest

次作の「麗しのサブリナ」で、オードリー・ヘップバーン履いていたトレアドル・パンツがサブリナパンツとして大流行しました。

>>>古着通販ベクトルパークで「スカーフ」をチェック

50年代のレディースファッションをまとめると?

1950年代の女性のファッションスタイルは、アメリカ映画やオードリー・ヘップバーンに影響を受け、Aライン、スカーフ、サブリナパンツといった、洋風スタイルが定着したのです。

1950年代のメンズファッションの特徴

【1】ヤンキースタイルの原点

ヤンキースタイルの原点

出展:Pinterest

1950年代の最初のメンズファッションのトレンドは「サブカルチャー」です。

どういうことかと言うと、「常識やモラルにとらわれない反社会的な青年」を憧れる若者が多く、その象徴としてファッションに取り入れるようになったのです。

こういったサブカル青年は「太陽族」と呼ばれています。

1955年に石原慎太郎が著作した「太陽の季節」の映画が、戦後時代の苦悩や生き方の描写に感銘を受け、支持されるようになったことから、慎太郎刈りという前髪が長めの角刈りが流行りました。

アロハシャツや丸首シャツ、サングラスといった、現在で言う「ヤンキースタイル」の原点はここからです。

>>>古着通販ベクトルパークで「アロハシャツ」をチェック

【2】ロックンロールスタイルの草創期

ローックンロールの草創期

出展:Pinterest

1958年に開催された「日劇ウエスタン・カーニバル」の呼ばれる音楽フェスティバルによってロカビリーブームが日本で流行しました。

ロカビリーとは、1950年に誕生した音楽ジャンルで、エルヴィス・プレスリーやビートルズがアーティストとして有名です。ロックンロールと聞いた方が馴染みはいいでしょう。

エルヴィス・プレスリー

出展:Pinterest

当時は、ラジオやジュークボックスで音楽を聴き、バイトをして7インチのドーナッツ版を買ったりと、親のフォードを借りて恋人とデートをしていた “であろう“ 普通のティーンネイジャーです。

ロカビリーのファッションは、リーゼントヘアに長めの革ジャン、ブール、タイトな黒パンツ(マンボスボン)を合わせたスタイルです。

1950年代がロックンロールの草創期と言えますね。

>>>古着通販ベクトルパークで「革ジャン」をチェック

【3】スーツはビッグシルエット

出展:Pinterest

1950年代からもスーツスタイルは定着していました。当時のスーツは肩幅が広めの上着に、袖にかけれ細くなるパンツの着こなし方「ボールド・ルックスーツ」が主流でした。

女性では肩パッドを外したスタイルが流行となった反面、男性は上着に肩パッドをしっかり入れ、ズボンもダボっとした全体的に大きめのビッグシルエットがトレンドとなったようです。

50年代スーツスタイル

出展:Pinterest

>>>古着通販ベクトルパークで「スーツ」をチェック

50年代のメンズファッションをまとめると?

音楽に影響を受け、アロハシャツにサングラス、革ジャンにブーツといった現在の若者には程遠いスタイルが主流になったのです。

このように、女性は映画、男性は音楽という背景からファッショントレンドが構築され、共通して「サブカルチャー」の象徴するスタイルが流行したのです。

1950年代のファッションの取り入れた古着コーデ

ニュールックのAラインに可愛らしさをプラス

Aラインコーデレディース

出展:Pinterest

ウエストからふんわりと広がるスカートが50年代が原点のAラインを見せ、現代のトレンドカラーのベージュにレッドで引き締めているコーデ。革靴でカジュアルすぎないように、中和しているのでメリハリがあり、可愛らしさを感じさせますね。

スカーフを頭に!大人らしい雰囲気に

革ジャンにブーツ

出展:Pinterest

スカーフを首に巻くと、どうしてもCAやウエディングプランナーのような硬い雰囲気になりがちです。そんなスカーフを頭に巻くことでカジュアルさを出し、大人っぽさを感じさせます。50年代に流行ったスカーフを取り入れているならこの着こなしがオシャレ!

50年代の柄シャツにタックイン

革ジャンにブーツ

出展:Pinterest

50年代に流行ったアロハシャツ、柄シャツをパンツにインするスタイル。現在では高校生から大学生まで、主流な着こなしになっていますが、原点は50年代。2018年にトレンドだったガチャベルト垂らしも良いアクセントになっています。

大人な雰囲気な革ジャンにブーツ

革ジャンにブーツ

出展:Pinterest

ロックンロールを少し和らいだコーデ。革ジャンとブーツはブラウンで、あとはデニムと統一することで全体的に硬派な印象を与えることができます。

まとめ:50sの古着はサブカルを象徴

1950年代のファッショントレンドは、男女どちらもサブカルを象徴とし、レトロで個性的なスタイルでした。

女性は柄スカートやスカーフ、男性は革ジャンやブーツといった中々10〜30代のファッショントレンドとは程遠いスタイルです。

GUCCIやDiorといったラグジュアリーブランドはファッションの最先端、ユニクロやZARAといったブランドはファッションのトレンドを、一方で、古着は過去のファッショントレンドをコーデに取り入れる唯一無二のサブカルファッションスタイルです。

いつもの1950年代のファッションを取り入れ、レトロで個性的で哀愁を感じさせるコーデを楽しみましょう。

https://furugishion.com/furugi/60s-used/

関連記事一覧