• HOME
  • Top
  • オシャレ
  • ベルボトムが鉄板!70年代のファッションの特徴と古着コーデのポイント
70年代ファッションの特徴と古着コーデのポイント

ベルボトムが鉄板!70年代のファッションの特徴と古着コーデのポイント

1970年代は大阪万博が開催されたり、ビートルズが解散、Appleの発売など、日本に大きな衝撃を与えた年代になります。

そんな1970年代のファッションは、60年代に比べるとガラッと変わりました。ヒッピースタイルを軸としながら、さらに様々なスタイルに派生していきました。

そんな1970年代のファッションの特徴をメンズとレディースに分けてご紹介していきます。70sの雰囲気を出す古着コーデの参考にしてみてください。

https://furugishion.com/furugi/60s-used/

1970年代のファッションの特徴

1970年代ファッションは、ヒッピースタイルを軸とした、自由なファッションスタイルが定着し始めました。

女性雑誌の「anan」「non-no」「JJ」など創刊し始めました。

さらに、原宿や青山でアパレルメーカーが展開したり、「パルコ」「ラフォーレ原宿」の小売店が出店するなど、ファッション文化が根付き始めた時代になります。

そんなファッションが盛り上がってきた時代のレディースとメンズに分けてファッションの特徴をご紹介していきます。

1970年代のレディースファッションの特徴

【1】太めのパンツベルボトムで脚長効果

70s-ベルボトム-レディース

出展:Pinterest

70年代に外せないアイテムとしてベルボトムを誰もが履いていました。60年代から女性のパンツルックが流行したこともあり、足の太さや長さを気にせず履けるベルボトムが大人気となりました。

トップスとの対比でスタイルを良く見せることも出来、トップスの柄や色などを多種多様に遊ぶことができます。

70s-ベルボトム-レディース1

出展:Pinterest

>>>古着通販ベクトルパークで「ベルボトム」をチェック

【2】60sに続きヒッピースタイルは不動

70s-ヒッピー

出展:Pinterest

60年代よりさらに、70年代にヒッピーが主流のファッションスタイルになりました。

既成概念に縛られた生活を否定するという信条から、中性的な服装や上記で紹介したベルボトムなどが流行りました。

ブラウスやシャツの襟はどんどん尖っていき、メリハリのあるスタイルになり、ベストやチュニック、ジャンパースカートなどが定番のアイテムとなりました。

ヒッピースタイルでエスニックな民族を表す個性的なファッションは廃れることはないようです。

>>>古着通販ベクトルパークで「エスニックアイテム」をチェック

【3】ホットパンツで露出が当たり前に

70s-ホットパンツ

出展:Pinterest

ホットパンツは今でも人気がありますが、70年代からボーイッシュに憧れる女性から人気のアイテムとなったのです。

60年代にミニスカートで足を出すことに抵抗感がなくなった女性は、パンツスタイルでも足をだすようになりました。

かなり肌の露出に抵抗がなくなったことの代表例として、学校の体操服のブルマなどが特徴的ですね。

>>>古着通販ベクトルパークで「ホットパンツ」をチェック

【4】フィンガー5のトンボめがねがアクセントアイテム

トンボメガネ

出展:Pinterest

2000年以降は中々見かけないメガネトンボが世間で流行りました。

70年代に流行ったアイドル「フィンガー5」というグループのメンバーの1人がかけていたメガネがトンボの目みたいに見えることから名付けられました。

とんぼめがね-フィンガー5

出展:Pinterest

60sのキャッチアイサングラスとは違い、大きめのサイズのメガネをかけるのは70年代のポイントです。

>>>古着通販ベクトルパークで「めがね」をチェック

1970年代のメンズファッションの特徴

【1】 ベルボトムにタイトなシルエット

70s-ベルボトム-メンズ1

出展:Pinterest

レディースに限らず、メンズの間でもベルボトムは主流になりました。

合わせ方として、ウェスタンTシャツやセーターなど、鮮やかな色づかいのトップスを合わせると70年代ぽっさが滲み出てきます。

また、体にフィットするタイトなTシャツを切ることで、細マッチョがモテていたのです。

>>>古着通販ベクトルパークで「ベルボトム」をチェック

【2】 物資不足でミリタリーファッション

70s-ミリタリー

出展:Pinterest

高度経済成長期の時代の日本。一方で、物資が足りないという背景もあり、軍隊の古着を着ていたと言われています。ミリタリーファッションは、いわゆる迷彩柄のアウターやパンツです。

>>>古着通販ベクトルパークで「ミリタリー」をチェック

1970年代のアイテムの古着コーデ

モノトーンで雰囲気を締めるベルボトムコーデ

70s-ベルボトム-レディース

出展:WEAR

ブラックのベルボトムにモノトーンのギンガムチェックシャツを合わせたコーディネート。全体的に統一感があり、ショルダーバッグも大人っぽさを見せる良いアイテムです。ベルボトムでワイドな印象に、パンプスサンダルでラフ感を演出しています。

現代風にアレンジ!ヒッピースタイル

70s-ヒッピースタイル-レディース

出展:WEAR

ベルボトムなデニムパンツにヒッピースタイルのトップス。70年代ほどエスニックで派手なイメージは抵抗があるという方には、白のトップスを取り入れるとシンプルさがプラス。とはいえ、ヒッピーを取り入れるためにショルダーバッグは色や柄が強めだと個性がアップ!

バンTにホットパンツでクールビューティー

70s-ホットパンツ

出展:WEAR

ホットパンツは少しセクシーな印象を与えますが、バンTを合わせることでカッコ良さがプラスされ、クールビュティーナコーデに。バンTのインナーに襟付きインナーでレイヤードすると好印象ですね。ホットパンツは、足に自信がある人にはオススメ!

トンボメガネで遊び心ある古着コーデ

70s-トンボメガネコーデ

出展:WEAR

とんぼメガネを使ったコーディネート。ウォーリーを彷彿させるようなアイテムですね!とんぼメガネがない方は大きなメガネで代用できます。

デニムのベルボトムとシャツで古着らしさを

70s-ベルボトムコーデ-メンズ

出展:WEAR

メンズのベルボトムを使ったコーディネートは、だらしなさが出るので特に注意しましょう。身長を高く見せたいのならシャツはイン、ラフさを見せたいのならシャツは出すなど、その日の気分で変えてみましょう!

まとめ:1970年代を感じるなら古着をチェック

このように1970年代はファッションが盛り上がった時代になり、より古着ちっくな個性的なファッションスタイルに変化しました。

ヒッピースタイルを主流に、肌を見せるホットパンツや美を意識した体のラインを見せるなど、雑誌やブランドが発表するアイテム、アーティスに影響を受けていたのです。

70年代のファッションは、まずはホットパンツや大きめのメガネ、ミリタリーなどの古着を取り入れ、コーディネートしてみると良いでしょう。

ぜひ70年代のファッションスタイルを古着で感じてみてください。

関連記事一覧