ベルトオンアウター

アウターオンアウターは終わり!男子でも冬コーデで差を付けるベルトオンアウター

アウターオンアウターはオシャレ好きな方は1度は耳にしたことがあり、実際にコーディネートに取り入れているのではないでしょうか。

もちろんアウターオンアウターもオシャレですが、トレンドになり量産型の部類に入りつつあります。

そんな中で密かに注目を浴びている着こなし方が「ベルトオンアウター」。

ベルトオンアウター4

出典:https://wear.jp/

ベルトオンアウターとはなんぞやっていう疑問があるかと思いますが、その名の通り、アウターの上にベルトをする着こなし方です。

女性の着こなし方では普通ですが、男性でベルトオンアウターを取り入れている人は少ないです。

オシャレ上級者の方はすでに取り入れており、街に出ても中々見ることはありません。

そんなベルトオンアウターの、コーディネート方法やオススメのベルトについてご紹介します。

ベルトオンアウターってそもそもどんな着こなし方?

ベルトオンアウター7

出典:https://wear.jp/

ベルトオンアウターは既に女性が実際に取り入れているコーディネート方法です。

あなたも1度は見たことがあるのではないでしょうか。

ベルトオンアウター-女性

ベルトオンアウター女性-2

このように2018年ごろには女性の中でも注目された着こなし方になっていました。

まさに、アウターの上にベルトをするという着こなしです。

ベルトオンアウターは男性が取り入れることは少なく、まだまだ発展途上の着こなし方ですが、オシャレ上級者の方は実際に取り入れている人も出てきています。

ベルトオンアウターの特徴

ベルトオンアウターを取り入れることでどんなイメージになるのか、特徴は以下の通りです。

特徴1:脚・身長を長く見せる効果

ベルトオンアウター5

出典:https://wear.jp/

ベルトオンアウターは、ベルトをハイウエストに巻くことで脚・身長を長く見せる効果があります。

普段使いのボトムにベルトをする際は、腰に巻くため、脚が短い・身長が低いことにコンプレックスに感じる方も多いのではないでしょうか。

アウターの上にベルトを巻くため、ベルトを巻く位置は自分で自由に調整できます。

ベストは腰より上のヘソの位置に巻くと、脚・身長を高く見せることができます!

ベルトのブランドを強調できる

ベルトオンアウター6

出典:https://wear.jp/

男性はブランドにこだわる方も少なくはありません。

GUCCI(グッチ)、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、BALENCIAGA(バレンシアガ)など、ラグジュアリーブランドを持っていると、みんなに見てもらいたいという気持ちが強くあります。

財布やバッグ、靴以外にも、ベルトであなたが持っているブランドをベルトで象徴することができます!

体の中心にあるベルトなので、最も周囲の目は集まります。

トレンチコート風の紳士的なイメージ

ベルトオンアウター8

出典:https://wear.jp/

アウターといっても、基本的にはコートの上にベルトを巻くコーディネートが一番オシャレに見えます。

丈が短いシャツやMA-1などでコーディネートするのは難しいです。

反対に、丈が長く、ベルトオンアウターに近いトレンチコート風になります。

トレンチコートの上からベルトをする場合、ベルトを巻くポジションがあるため、比較的やりやすいです。

トレンチコートは英国の紳士的な印象もあるため、ベルトオンアウターで紳士的で清潔なイメージを与えることができます!

ベルトオンアウターのコーディネートのポイント

ポイント1:ブラックで統一するとモード感アップ

ベルトオンアウター

出典:https://wear.jp/

ベルトも洋服もブラック一色で統一するコーディネートだと、モード感が出てクールな印象をより際立ててくれます。

ベルトオンアウターで身体の中心で目立つGUCCIのロゴが自分の価値を高めているのも良いですね。

ポイント2:ベルトは黒!アウターは他の色でメリハリ

ベルトオンアウター2

出典:https://wear.jp/

ベルトは黒、アウターは他の色にするというメリハリが出るコーディネートです。

上記の写真のように黒のベルトなら青色のアウターを使うことで、同じ色のトーンのため全体のコーデのバラバラ感がありません。

トラッドな印象もありつつ、カッコいいの王道ブラックに頼らないオシャレ上級者の匂いを感じれます。

ポイント3:ベルトを白にしてより身長を高く

ベルトオンアウター3

出典:https://wear.jp/

ベルトの色を白にして、アウターとの反対色で身長をより高く見せることができます。

同じトーン、色相にまとめると統一感がありますが、あえて反対色のベルトを使うことでアクセントになります。

まとめ

今回紹介したベルトオンアウターはいずれ流行りトレンドになる可能性があります。

今のうちから取り入れ、オシャレの第一線に立ってみてください。

また、今回紹介したコーディネートで取り入れたいアイテムのコートやベルトは古着で購入すると比較的安く手に入るので、オススメの古着通販サイト「ベクトルパーク」で検索してみてください!

ベクトルパークの公式サイトへ

関連記事一覧