パタゴニアのフリースの種類やコーディネート、洗濯方法、安い通販サイトを徹底紹介!

Patagonia(パタゴニア)のフリースは2017年の秋から2018年へと古着好きの人に限らず、非常に流行っています。

たった1アイテムだけで、これほどオシャレに見えるアイテムはなかなかありません。

フリースなら他にも様々なフリースがあります。

しかし、トップに君臨し続けるPatagonia(パタゴニア)

「パタゴニアといったらフリースだよね」という声もチラホラ聞きます。

 

そんなパタゴニアのフリースについて、詳しく紹介していきます。

パタゴニアのフリースに興味がある方は、ぜひじっくり読んでください。

パタゴニアのフリースの値段は?

まず気になることは、フリースの値段です。

パタゴ二アのフリースの値段は、新品の場合、20000円前後がほとんどです。

パタゴニア値段(新品)

また、古着屋さんや古着通販では、フリースの状態やモノによりますが、10000円前後が相場です。

元値が20000円ほどの比べると比較的安く購入することができます。

パタゴニアにはどういった種類のフリースがあるの?

パタゴニアのフリースと1言で言っても、様々な種類のフリースがあります。

パタゴニアのフリースに主に以下の3つの種類に分かれます。

  • カジュアル・フリース
  • テクニカル・フリース
  • フェアトレード・フリース

中でも、本当にオススメするフリースを紹介します。

クラシック・レトロX

風のある肌寒いコンディションで体を温かく保つ、防風性を備えたフル機能のポリエステル100%のフリースです。

パタゴニアのフリースで1番有名なものですね。

スナップT・プルオーバー

フリースの存在を有名にした丈夫で温かいポリエステル・フリース製プルオーバーです。

スナップ留めのポケットと前立てを備えたクラシックなデザインが特徴です。

R1シリーズ

R(レギュレーター・フリース・インサレーション)は、4つの段階で保温性の異なるフリースがあります。

その中でも、最も薄着なのがR1シリーズです。

R1は必要最小限のデザインで、凹凸を備えたグリッド構造により熱を閉じ込めて保温し、肌からの水分は外側へ発散してくれます。

R2シリーズ

R1シリーズよりフィット感と動きやすさを高め、少し厚着のフリースです。

毛皮のような繊維が軽量ながら優れた保温性と通気性を発揮する構造になっています。

Rシリーズの中で、最も使用されているのがR2シリーズです。

R3シリーズ

極寒時にも最小限の重量で最大限の保温性をがあります。

パタゴニアのフリースを使ったコーディネート例

全体的に同じ色のアイテムでコーディネート

パタゴニアコーディネート例1

引用:http://wear.jp/ryohei1026/11504362/

ベージュ色のフリースを使用したコーディネートです。

全体的にフリースと同じ色のアイテムを取り入れ、『ベージュ×ブラック』で色をまとめています。

また、フライトキャップも良いアクセントとなっていて、フリースとの相性はバッチリです。

モノトーンにモコモコ感で可愛らしさアップ

パタゴニアコーディネート例2

引用:http://wear.jp/axxbabyx/11457048/

黒メインのモノトーンでまとめるコーディネートです。

フリースを使うことで、モコモコ感が可愛らしさを感じさせることができます。

サイズも少し大きめだと、さらに可愛らしさアップですね。

フリースでもカジュアルにデニムパンツ

パタゴニアコーディネート例3

引用:http://wear.jp/keizou0906k/11254708/

カジュアルに仕上げるコーディネートです。

細身のデニムパンツとの相性も良く、一般的に男性はこのコーディネートが多いです。

ベージュのフリースは特に様々なアイテムと合わせやすいのでオススメです

フリース × サコッシュバッグのアイテムが引き出すオシャレ

パタゴニアコーディネート例4

引用:http://wear.jp/102111040706/11357357/

最初に紹介したコーディネート例にもありますが、フリースとサコッシュバッグの相性は非常にマッチしています。

上の写真のように、ベージュ色にまとめたコーディネートに、黒のサコッシュバッグがあることで、他人とは違ったカッコ良さを引き出すことができます。

逆に、バックパックだと幼い感じが否めないので、サコッシュバッグをオススメします。

パタゴニアのフリースの洗濯方法は?

洗剤は通常の洗剤使っても良い

よく洗剤で悩む方がいますが、洗剤は基本的に通常の洗剤をしても大丈夫です。

ただし、漂白剤や柔軟剤、蛍光増白剤、またこれらを含む洗剤を使用しないようにしてください。

また、せっけんで手洗いで洗濯する方法もありますが、ぬるま湯で行うようにしましょう。

ファスナーを閉めてから洗濯機に

フリースのファスナーやテープ留めを閉じ、洗濯機で洗うことができます。

とくに汚れがひどい部分は、最初に、手洗いしてから、洗濯機で洗うと綺麗に汚れを落とすことができます。

手洗いの際は40~50℃程度のお湯を使うと、しつこい皮脂汚れに効果的なので試してみてください。

最後に:古着のパタゴニアのフリースを買うならここ!

今回はPatagonia(パタゴニア)のフリースについて紹介しました。

様々なフリースがありますが、やはり持っておくと便利でオシャレなものはパタゴ二アのフリースに間違いなしです。

新品は値段が高めなので、古着に抵抗が無い方は古着を着ることをオススメします。

ヴィンテージのものもあれば、着やすくなっているフリースもあるので、古着が新品に必ずしも劣るということはありません。

実際、私は古着のフリースを持っています。

パタゴニアのフリースを購入するなら、『古着通販|ベクトルパーク』がオススメです。

商品の量も豊富で、30万点以上のアイテムが取り揃えられています。

楽天、ヤフオク、Yahooショッピングからも多くの方が購入しており、非常に評価の高い古着通販サービスなので、ぜひ利用してください。


ベクトルパークの公式サイトへ

関連記事一覧