古着屋さんの給料・必要なのは「好き」

古着屋さんの給料は15万円!?古着屋で働くためには「好き」が必要

古着屋で働く理由として、重要視する中でも、気になることは給料。

古着屋に限らず、仕事選びは給料で決めることが多いです。

アパレルの中でも、古着屋で働きたい。

でも実際、古着屋さんの給料ってどのくらいなのか分かりませんよね。

この記事では、古着屋で働く場合の、月収について紹介しています。

古着屋で働こうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

古着屋さんの月収の相場は?

お金

古着屋さんで働く場合、全国的に月収

ズバリ

15万円

です。

 

働き方にはよりますが、週4,5日入ってフル(8時間)働いた場合の月収になります。

15万円が多いか、少ないかは人によって捉え方が違うと思いますが、比較的少ない方だと思います。

古着屋さんで働いていた人の体験談

原宿の某古着屋でアルバイト(月15万円)

原宿にある古着屋で働いていました(アルバイトで8ヶ月ほど)

もちろんお店によって違うとは思いますが、私の場合、時給850円スタートで辞める頃には100円UPしていました。

勤務は最初3ヶ月は週4、その後はフルで、という感じです。

やはりアルバイトだとフルで勤務しても15万↓↑程度ではないかと思われます。

私の働いていた店はアルバイト店員がほとんどでしたが、社員になればもう少しはいくのではないでしょうか。

社員という形で募集しているところもありますが、アルバイト→社員という形が多いと思うので、最初のうちはやはりヴィンテージなどの高い古着を買うのは難しいと思います。

(私はこのバイトがアパレル初体験だったので、最初のうちは洋服のやりくりに相当苦しんだ上、
生活も結構切り詰めてました;)

個人経営の古着屋でアルバイト(月15万円以下)

友人の勤務していた古着屋は小さな個人経営のお店で、アルバイトも数人でした。

みんな勤務はフルで入っていたけど、仕事は販売なのでお給料は決してよくなかったそうです。
(販売という職種はアルバイトのなかでも時給は悪い方なのです。)

低く見積もっても時給800円くらいからになると思うので(場所などにもよりますが・・・)、一月フルに働いて単純計算でも15万円以下でしょうね。

でもお給料は決してよくないけれどいいこともあります♪

友人の働いていたお店は2~3ヶ月に一度オーナーがアメリカに古着の買い付けに行っていたそうで、それに何度か同行させてもらったそうです!!

買い付けのノウハウを教えてもらったり、自分用の掘り出し物を探したりして、とても勉強になったといっていました。

古着屋でアルバイト(推定月13万円)

僕が働いてた店はオーナーの人柄もあって過剰な残業などもなく、20代前半の男一人暮らしが生きていく分にはなんとかなる給料でした。(とはいえ余裕はなかったのでほぼ毎日自炊してたりしてました)

ひとつだけちょっとしんどかったのが、月の休みが3日しかなかったことです。笑

オーナーがアメリカに毎月買い付けにいくのでその間は休みがありませんでした。

また、年末年始も2連休しかなかったんですよね。(つまり、年間通して最大の連休は2連休という…笑)

なので、古着屋時代は一回も実家に帰れなかったんですよ。

古着屋で働くには『古着』が好きじゃないと続かない

月収15万円はあくまでも、古着屋で働きばかりの新人を想定した場合の月収です。

古着屋で働くのは、給料の面以外にも良いところ、悪いところがあります。

悪いところを見すぎると、古着が好きな人でも、やめてしまう人が多いです。

古着屋でも、昇給はあり、何年も働いていると給料は上がります。

古着屋は美容師と似ています。

美容師は、給料が低いのに、朝から夜遅くまでカットの練習などしたりと、仕事漬けの毎日です。

なぜそこまで出来るのかというのは、美容師という職業に憧れがあるからです。

憧れの職業につき、プロフェッショナルとなる。

それこそ、仕事のやりがいに繋がります。

月収は15万円ですが、給料が低いからといって古着屋で働くことを辞めるのは非常にもったいないです。

ぜひ、古着屋で楽しく働いてください。

関連記事一覧