古着買取

着ない服を高値で売る「オークションフリマ・質屋・買取」のポイント

着ることがなくなった洋服を高値で売る4つの手段

あなたはいらなくなった服、着ることがなくなった服はどうしていますか?

捨てる、友達や家族にあげる、リメイクする、他の用途に使うといった方法がありますが、最も多い方は服を売りますよね。

服を売ってお金にして、次にまた新しい服や財布を買いたいです。

さらに欲を言うと、高値で服を売れればラッキーですよね。

そこで当記事では、高値で服を売る手段を4つ紹介していきます。

ぜひ、あなたの着ることがなくなった服を売る手段の参考にしてもらいたいです。

服をお金に変える方法は4種類

サイズが合わなくなって着れない洋服、トレンドがすぎて使わなくなったバッグ、長年着たせいか飽きて着ることがなくなった洋服などクローゼットにたくさんあるでしょう。

そんなファッションアイテムをお金に変える方法は以下の4つが代表的に挙げられます。

  1. ネットオークション
  2. フリマ
  3. 質屋
  4. 買取

ネットオークション、フリマはインターネットさえあれば自分で簡単にできるのでおすすめですが、一方で、質屋や買取では、プロの査定なので確実な買取価格とともに、スムーズな取引ができます!

おすすめはネットオークション、フリマで売れなかかったアイテムを質屋や買取で売る手順が全てのアイテムを売ることができます。

1:ネットオークション

ネットオークションとは、「オークション」は日本語で「競売」という意味で、商品を競り合い購入価格を決めることです。

通常、最終的に高い金額(最高価格)をつけた人に購入の権利が発生します。

ネットオークションで販売するメリットは、フリマ感覚で出品できるとともに、自分の想定よりも倍以上の価格で入札される可能性がある点です。

この世には、物好きもいるもので、あなたがいらないと思った服も、他人の誰かからは本当に欲しいものかもしれません。

日本最大のネットオークション『ヤフオク』

ヤフオク

ネットオークションの代名詞『ヤフオク』。

Yahoo!JAPANが運営しているオークションサービスで、フリマとしても服を売ることができます。

月たったの498円で、オークションという形で服を売ることができるので、比較的簡単にオークションを行うことができます。

ヤフオクでは、売買に慣れている人が多いので、服がブランド物ならば高値で売れる可能性があります。その分、初心者の方は、売買に慣れていないのでフリマアプリがいいかもしれません。

また、ヤフオクで服を出品する際に、高値で売れるために送料や即決価格等の設定も重要になってきます。『ヤフオク出品に際しての注意事項』のサイトを参考にして欲しい。

2:フリマアプリ

フリマアプリはフリーマーケットをアプリで行う方法です。

「フリーマーケット」とは、「ものは、使える限り大切に」という、省資源・省エネルギーの考えと、環境保全まで含めた考え方で、不用品や再生が可能なものを公園や広場に持ち寄って売買・交換し再利用を図る行為のことです。

それが日本でも広がり、現在、スマートフォンが普及し、インターネット上でフリーマーケットを行うことができるフリマアプリが登場していきました。

物を売ったことがない素人でも商品を売買できる簡単さがフリマアプリの人気の1つです。

1:メルカリ(mercari)

メルカリ

言わずと知れた日本最大のフリマアプリの代表格『メルカリ』。

幅広いジャンルの商品を売買できる総合型フリーマーケットで、たったの3分で出品ができる楽チンさが最大の特徴です。

服を売るだけでなく、掘り出し物が見つかる場合が多いので、購入する方も楽しいかもしれません。

メルカリ無料会員登録

2:ラクマ

ラクマ

楽天が運営するフリマアプリ『ラクマ』。

最大の特徴が、出品・販売手数料が無料という点です。また、楽天サービスなので、楽天ポイントが使用できます。

2018年2月に日本初のフリマアプリ『フリル』と楽天の『ラクマ』が1つになり、より大きく、便利なフリマアプリへと進化したので、今後さらに飛躍していくフリマアプリといっても過言ではないでしょう。

ラクマに無料会員登録

 

ただ、フリマアプリは消費者同士の取引なので、どうしても値引き交渉されることが多いです。なので、頑固に値引きを断っていると服が売れないです。

私の個人的な戦略は、あらかじめ少し高めに商品価格を設定しておき、値引き交渉で、自分の売りたい価格で販売するという方法を行なっています(笑)。

3:質屋

質屋とは、品物(ブランド品や高級時計、カメラやパソコン、換金価値のある会員権)などを、質屋に預けることでお金を借りて、それを期限までに返済(元金+利息)をすれば品物が戻ってくるというシステムになっています。

期限までに返済できないときは預けた品物が質屋のものになります(質流れ)。

その代わり返済義務はなくなります。質流れした商品は最近では質屋自身が販売するケースが多いです。

つまり、仕組みとしては、ブランド品とお金を一時的に交換しているイメージです。

交換したお金で何するのも自由、そのお金で新しく服を買ったとしても、返さなくても良いという点が、最大のメリットです。

あなたが売ろうとしている服が、ブランド物ならば高値で取引しやすいです。それは、質屋の、買取の中心になるのはブランド品・高級時計・貴金属・カメラといった金額が高めのモノが中心だからです。

4:買取

買取は、いらなくなった服をお金で買い取ってくれるサービスです。

現在でも、フリマアプリが盛んになったとはいえど、多くの人がいらなくなった服を買取業者に売っています。

主な買取のメリットは、すぐに服が売れる、面倒な手続きがない、トラブルが起こることがないという点が上げられます。

最近では、宅配買取や訪問買取などもあり、わざわざお店に行かなくても買取を行なってくれるところもあります。