【2019秋冬コーデ】メンズのユニクロおすすめアイテム10選

ファストファッションの代表格として、どの世代からも愛されているUNIQLO(ユニクロ)。

そんなユニクロはシンプルなアイテムが多いため、どんなコーデでも合わせやすい点が特徴です。

今回は、2019年の秋冬のコーディネートに使えるUNIQLO(ユニクロ)のアイテムを10つ紹介します。

[chat face=”aito-icon.jpg” name=”あいと。” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

ユニクロだからお手軽な金額で手に入るよ!

[/chat]

【1】繊細な色味が豊富「デニムジャケット」

デニムジャケット

引用(http://wear.jp/genji/9586993/)

カジュアルスタイルで、ど定番のど定番のデニムジャケット。デニムジャケットは、毎年廃れることはなく、毎日の羽織りに欠かせないほど誰もが着やすく着こなしやすいアイテムです。デニムジャケットにも様々な色があり、コーディネートに変化をもたらせてくれます。

濃いめの紺色っぽいデニムジャケット。

紺色は、「繊細」「知的」「落ち着き」「鍛錬」「誠実」という印象を与えます。

少し水色っぽいデニムジャケット。

水色は、「自由」「理性的」「安心」「冷静沈着」「すがすがしい」という印象を与えます。友達や彼女と一緒にいたら、相手側はどこか楽しく接してくれると思います。

基本的に、あなたが思い浮かべるデニムジャケットはこの2つだと思います。

今年の秋も、変わらずデニムジャケットは人気なので無難にオシャレに見える1つのアイテムとして活用してみてください。

デニムジャケットをチェック

【2】合わせ方次第でオシャレ「チェックシャツ」

チェックシャツ

引用(http://wear.jp/mahirobmf/10893718/)

あなたのチェックシャツのイメージはどうでしょうか?

「秋葉原でよく見る・・・」

「オタクが着ていてあまり良い印象がない。」

そう思ったなら考え方を改めてみてください!

チェックシャツこそ、コーディネートに取り入れるべきアイテムです。逆に考えて見てください。チェックシャツを着てめっちゃオシャレに着こなせてる人ってすごいと思いませんか?ユニクロはチェックシャツのアイテムが豊富に揃っています。

チェックシャツをチェック

【3】寒さをしのぐ機能性「スキニーデニム」

スキニーデニム

引用(http://wear.jp/shota0118/10841575/)

次にスキニーデニム。スキニーとは「ほっそりとした、痩せた」の意味で、スキニーデニムは、足に皮膚のようにぴったりとフィットしたデニムという意味です。スキニージーンズと同じ言い回しです。

スキニーデニムは夏では暑くて履けない期間でしたが、秋からまた履くことができますね。ぴったりとしたフィット感に加え秋特有の寒さを防いでくれるという機能性に優れています。さらにスキニー自体がボトムスとしてコーディネートに取り入れやすいアイテムです。スキニーとデニムが合わさって一石二鳥!楽しくコーディネートをすることができます。

スキニーデニムをチェック

【4】1枚で季節感が味わえる「ケーブルクルーネックセーター」

ケーブルクルーネックセーター

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403276-01#thumbnailSelect)

ケーブルクルーネックセーターは、ざっくりとした編み地でケーブル模様を表現しています。季節感たっぷりのデザインニットで、1つのアイテムとしてオシャレに見えます。上の写真のセーターは、英国のファッションデザイナーであるJ.W.アンダーソンとのコラボレーションアイテムです。

J.W.アンダーソンについて

ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン(Jonathan William Anderson)は、1984年、北アイルランド生まれ。俳優としてキャリアを積む間にステージ衣装に興味を持ち、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでメンズウェアデザインを学んだ。2005年にロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業。

2009年秋冬コレクションでロンドンファッションウィークのオフスケジュールでデビュー。MAN(TOPMANによる若手メンズウェアデザイナーサポートプロジェクト)。

2010年秋冬コレクションでNEWGEN(ブリティッシュ ファッション カウンシルの若手デザイナー支援プログラム)のスポンサーシップを取得。同時にウィメンズコレクションも開始した。

2012年、イタリアの高級ブランド「ヴェルサス(VERSUS)」とのコラボレーションによるカプセルコレクションを発表。2013年、ロエベの新クリエイティブ・ディレクターに就任した。

2017 年、ユニクロとコラボレーション。メンズ・ウィメンズで展開アイテムは全33型。

クルーネックなので、首にぴったりしたラインを見せることができます。セーターは寒さを防ぐアイテムとしても有名ですが、デザイン性が溢れているセーターの1つがこのユニクロのクルーネックセーターです。1枚で季節感が味わえるのでシンプルに使ってみるのもいいですね。

ケーブルクルーネックセーターをチェック

【5】可愛らしさアップ「ラムジャカードクルーネックセーター」

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403274-03#thumbnailSelect)

先ほど紹介したクルーネックセーターとは違います。先ほどは、ケーブルが入ったデザインとなり、こちらは魚のデザインが入った可愛らしいセーターです。

こちらのサイトで実際に着てみた方の感想が掲載されています

>>>ユニクロ×JWアンダーソンのラムジャカードクルーネックセーターを着た結果

実際に感じ方は人それぞれですが僕は魚のデザインがかなりオススメです。このセーターもJ.W.アンダーソンとのコラボレーションアイテムで、非常に貴重なアイテムとなります。今年でしか手に入らないかもなのでぜひコーディネートに取り入れて見てください。

ラムジャカードクルーネックセーターをチェック

【6】ワンポイントと防寒性「ヒートテックニットキャップ」

このヒートテックニットキャップは、ウールとヒートテックで暖かさを、アクリルで軽さを実現したカジュアルキャップです。ウールとは羊毛で、保湿性と保温性に高くアクリルは、ふっくら柔らかく弾性回復力(元に戻る力)が強いので利点があります。非常に頭に被せるニットの中では、このヒートテックニットキャップは優れています。

コーディネートの一例として、このようにすることができます。

ヒートテックニットのコーディネート例

引用(http://www.uniqlo.com/jp/stylingbook/pc/style/10003956)

このようにライダースとも合わせると相性も良く、他にも上記のデニムジャケットなどとも相性が良いです。アウターと一緒にコーディネートが面白いかもしれません。

ヒートテックニットキャップをチェック

【7】すっきりとしたシルエット「コーデュロイジャケット」

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403134-37#thumbnailSelect)

「コーデュロイ」とは日本語ではコール天と言い、綿素材を使用したパイル織りの一種です。生地表面に出る毛羽(パイル)を縦方向に畝状に配しているのが特徴で、温かみのある表情と丈夫で保温性も高いことから、秋冬のシャツやパンツ、ジャケット等に多く使われています。

適度なボリュームがあって、上品で落ち着いた大人の雰囲気を持ったコーデュロイは、古くからメンズスタイルで取り入れられています。今シーズンはとくに多くのブランドからコーデュロイを使用したアイテムがリリースされています。

ユニクロのコーデュロイジャケットの特徴としては5つあげられます。

  • 動きやすさはキープしながら、もたつきのないすっきりシルエット。
  • ストレッチ性があるので、細身でもラクに羽織れる。
  • 着丈は少しだけ長くして、縦長シルエットを強調。
  • ウォッシュ加工で縫い目にパッカリングと呼ばれるひきつりを入れることで、よりカジュアルな表情に。
  • デニムやチノと合わせれば、王道のアメカジスタイルが完成。

すっきりとしたシルエットでスマートな印象を与えれるので、ボトムスはワイドパンツで遊びを入れたり、逆にスキニー等の細めのボトムスで綺麗めな印象を与えるなど、コーディネートの幅が広がります。

コーデュロイジャケットをチェック

【8】暖かくても着心地は軽やか「ムートンタッチコート」

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400519)

あまり馴染みのないコートだと思います。

ムートンとは羊毛の一種で、毛の一本一本が呼吸しているので、暖かいだけでなく、吸湿性や弾力性など優れた機能がたくさんあります。

ムートンは非常に値段が高く、ムートン素材の服を持っている人は少ないです。なので、ムートン風ですら珍しいのです。

あまり知られていない素材の服を着ることで他の人と差別化できます。

表面はスウェードタッチな生地にプリント技法を重ねて、ムートンのようなリッチな質感を表現しています。

裏面のボアは中が空洞になった中空糸を使っているので、暖かくても着心地は軽やかです。

コートとしてのシルエットを保ちながら、すっきり決まるようにウエストに自然なシェイプをプラスしているので、ユニクロ独自の工夫がされています!

スキニーで合わせたらコーディネートが楽しそうですね!

ムートンタッチ風コートをチェック

【9】派手なワンポイント「ストライプマフラー」

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403264-99#thumbnailSelect)

この奇抜なストライプマフラー、こちらも英国のファッションデザイナーであるJ.W.アンダーソンとのコラボレーションアイテムです。

まさかユニクロからこんなにも個性あふれる奇抜なアイテムが出るとは思いませんでした(笑)。

秋だと身につけるアイテム数が増えて、寒さを感じる寒色は自然と避けて、暗めの色でコーディネートしてしまいがちです。そんなコーディネートにアクセントとなるアイテムにピッタリです。着こなしにプラスするだけで、一気に明るくなるカラーリングです。

色鮮やかで目立つから嫌だと思うかもしれませんが、着こなしに浮くことなくなじむモダンなデザインなんです。

[chat face=”aito-icon.jpg” name=”あいと。” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

個性的なコーディネートが好きな方にはオススメ!僕も個性派なので購入!笑

[/chat]

ストライプマフラーをチェック

【10】デザインよりも機能性「ブロックテックフリースパーカー」

引用(http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403546#thumbnailSelect)

これはデザイン性というより機能性に優れています。

5つの特徴があり、

  • 表地のソフトタッチ素材と裏地のフリースの間に、極薄の防風シートを挟んだ3層構造。
  • 軽くて暖かいけれど寒風を通してしまうというフリースの弱点を克服。
  • 表地はふわふわのソフトタッチ素材なので、手触りが良く、風合いも自然でタウンに使いやすい。
  • 裏地はフリースで抜群の柔らかさと暖かさで包み込む。
  • フリースの柔らかさと暖かさはそのままに、寒風を通さない。

という非常に秋から冬にかけて便利なアイテムです。コーディネートとしては少し難しいかもしれせんが、バイク等の運転する際に着て、地味なところでオシャレを体感することができます。

これを着こなすことができるあなたは凄いファッションセンスがあると僕は思います(笑)。

といっても、ユニクロはどのアイテムでも合わせやすいので意外と適当に組み合わせても良いコーディネートができるかもしれません。

ブロックテックフリースパーカーをチェック

まとめ

以上がユニクロ(UNIQLO)のコーディネートで役立つオススメするアイテム10点です。僕個人としては、ストライプマフラーに挑戦してみたいなぁと思います。

J.W.アンダーソンさんとのコラボ商品なのでいずれ貴重になるとは思いますが、今は手頃に買えるので買い時ですね。

この記事があなたの参考になったら嬉しいです。ぜひ、ユニクロ(UNIQLO)のアイテムを使って楽しいコーディネートをしてみてください。

他のブランドでもコーディネートで活用できるアイテムを紹介していきたいと思っています!!

ユニクロ公式サイトへ

https://furugishion.com/furugi-purchase/fastfashion-uniqlo-gu/

関連記事一覧