• HOME
  • Top
  • ブランド
  • GUCCI(グッチ)を持っている人なら絶対に知っておきたいグッチの概要と歴史
GUCCI(グッチ)を持っている人なら絶対に知っておきたいグッチの概要と歴史

GUCCI(グッチ)を持っている人なら絶対に知っておきたいグッチの概要と歴史

GUCCIは、とても高級なイメージなのはお分かりいただいていると思います。

GUCCIの歴史は非常に奥深いです。

アイテムを持っておくのなら、GUCCIの歴史を知っておいて損はないですし、GUCCIへの愛がさらに深まるでしょう。

GUCCIの概要

GUCCI(グッチ)は、イタリアのラグジュアリーブランドです。

創設者のグッチオ・グッチがフィレンツェにレザーグッズを扱うファクトリー(工場)とショップをオープンしたことから始まりました。

ラグジュアリーの言葉の意味は「贅沢な」「豪華な」という意味を表しています。つまり、高級なブランドという意味です。

GUCCIのアイテムで見たことがあるであろうロゴやデザインがこちらだと思います。

ルイヴィトンと並び、世間一般的にも多くの富裕層から人気のブランドになっています。

持っておくだけで異彩を放つブランドアイテムです。

GUCCIの歴史

創設者ののグッチオ・グッチは1881年、イタリアのフィレンツェで生まれます。

そして、1921年、フィレンツェにレザーグッズ専門のファクトリーとショップをオープン。

たった、数年間で成功を収めることができたので、1973年には工房を拡張しました。

乗馬の世界からインスパイアされたアイコンを発案し、グッチの永遠のシンボルとなりました。

 

1953年、グッチオ・グッチがこの世を去った後、息子たちが事業を継承することに。

50年代、グッチは再び乗馬から着想を得て、鞍の腹帯に由来する「緑-赤-緑」の織物を発案し、ブランドに欠かせないトレードマークとなります。

緑赤緑

また、イタリアのブランドとしては初めてニューヨークにショップをオープン。アメリカに上陸しました。

60年代半ばには、下の写真の伝説的な二重のGロゴを採用し、それが新たなグッチのシンボルとなりました。

GUCCIの代表する『GG』アイコン

 

1970年代に既製服(ウィメンズウェア)、香水を発表し、ブランドのラインナップを増やしていく。

また、60年代から70年代にかけては、グッチは、グローバル展開を続け、ロンドン、パリ、東京などにショップをオープンしていきました。

現在の日本では、全国各地にGUCCIを取り扱っている店舗が展開されています。

 

1981年にGUCCIはフィレンツェで、初めてのランウェイショーを開催。その翌年の1982年に公開会社となります。

1987年、バーレーンの投資会社インベストコープがグッチの株を取得を開始し、1990年初頭には全株式を保有。

1990年、トム フォードをウィメンズのデザイナーに抜擢し、1994年、トム フォードがクリエイティブ・ディレクターに就任することに。

トムフォードはGUCCIに大胆さとセクシーさを吹き込み、モードの世界で大きな注目を集めることになりました。

1995年、ドメニコ・デ・ソーレがCEOに就任し、トムフォードのデザイン、デ・ソーレの手腕もあり、大きな成功を収めました。

1999年、フランスの流通・ラグジュアリーグッズにおける大手PPR社(現ケリング社)と戦略的提携により、グッチ グループとなります。

その後数年間で以下のブランドを獲得しました。

  • セルジオ ロッシ
  • ブシュロン
  • イヴ・サンローラン
  • アレキサンダー・マックイーン
  • バレンシアガ
  • ボッテガ ヴェネタ

2002年には、グッチ グループからステラ マッカートニーがデビューすることに。約10年間に渡り大活躍したトムフォードだったが、2004年に退任。

また、同年、グッチ グループはPPRの子会社となります。

 

トムフォードの後任として、ウィメンズウェアコレクションのクリエイティブ・ディレクターに、アレッサンドラ・ファッキネッティが就任。

メンズウェアはジョン・レイが、アクセサリーはフリーダ・ジャンニーニが引き継ぎました。

 

その後、ファッキネッティ、ジョン・レイが辞任し、ジャンニーニが、2006年より、グッチのウィメンズ・メンズコレクション、アクセサリーのすべてを手がけることに。

ジャンニーニの功績で「フローラ」プリントが蘇り、バッグ、シューズ、ウォッチといったアクセサリーに反映され、ヒット商品になりました。

2015年1月、クリエイティブ・ディレクターのフリーダ・ジャンニーニの退任。また同時に、パトリツィオ・ディ・マルコCEOも同月に退任しました。

新しいCEOには、ボッテガ・ヴェネタのマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)が起用され、同年1月に発表された、2015-16年メンズコレクションはアレッサンドロ・ミケーレ率いるデザインチームが担当。

 

その後、正式にアレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

2017年、ウィメンズとメンズのファッションショーを統合。

2018年1月、イタリア・フィレンツェのメルカンツィア宮殿内に「グッチ ガーデン(GUCCI Garden)」をオープン。

グッチが創設された1921年から現在に至るまでの幅広いコレクションを、 それぞれの時代を象徴するオブジェや写真、ビデオなどと融合して展示する特別な施設。 

関連記事一覧