オシャレ豆知識

古着を英語で表すと『used clothing』 / 古着とヴィンテージの違いとは?

古着を英語で表すと『used clothing』
あいまる
あいまる

古着って英語でなんていうの???

古着を英語で言うと『used clothing(clothes)』

古着を英語で言うと以下の4種類があります。

  • used clothing(clothes)
  • old clothing(clothes)
  • secondhand clothing
  • vintage

代表的な英語は『used clothing(clothes)』と言われています。

 

ちなみに『古着屋』は「Second-hand store」「Second-hand cloth shop」と言われています。

古着のインスタグラムの英語タグ

古着を取り入れたコーディネートで、インスタグラムでスナップ写真を投稿する人も少なくはないでしょう。

そんな時に、海外の方からいいねやコメントがもらえる”英語のタグ”を紹介します。

英語タグ

#used #usedclothing #usedclothings #usedclothingsnap #vintage

この他にも、古着・ファッションに関するインスタグラムのタグをまとめた記事があるので、こちらを参考にしてみてください。

“古着”と”ヴィンテージ”の違い

”古着”は、はっきりした定義はありませんが、一度誰かが身に付けたもの、つまり中古衣料全般を指します。

一方で、”ヴィンテージ”は、古着のうちで、一定の古さと質を兼ね備えたものとなります。

 

古着の中にヴィンテージというイメージですね。

 

そんな、古着とヴィンテージの大きな違いは、製造された年月に当たります。

古着は、近年発売されたアイテムも含まれますが、ヴィンテージはかなりの歳月が必要です。

現時点では、具体的に1970年代以前、つまり30年以上の年月は経っていないとヴィンテージといえないでしょう。

もちろん、10年後、20年後と、段々とヴィンテージのアイテムは変わってきます。

おわりに

古着の英語で、『used clothing(clothes)』と言うこと、古着の英語タグ、古着とヴィンテージの違いについて一気に紹介しました。

古着の英語が知りたいから、この記事に訪れたという方も、ちょっとした豆知識として頭に入れておいてください。