オシャレ

1960年代ファッションは”カラフル”に変化!60sの古着コーデポイント

60年代ファッションの特徴と古着コーデのポイント

1960年代は日本では高度経済成長期。野球やプロレス、音楽など様々なジャンルで盛り上がりを見せる時代になりました。

そんな1960年代のファッションの特徴は、50年代のファッショントレンドから180度変わったスタイルになったのです。

1960年代で主流となったファッションの特徴や60年代のアイテムを取り入れた古着コーデのポイントをご紹介します。

1960年代のファッションの特徴は?

50年代から60年代にかけて、ファッション文化はさらに進化しました。50年代はアメリカンスタイルのサブカルを象徴するファッションが特徴でした。

60年代に入ると、そんなクラシックなムードから、カラフルでポップなファッションが主流となりました。

つまり、色やデザイン、柄において「派手」なアイテムを取り入れたコーデになったのです。

同時に、イギリスのロックバンド「ビートルズ」が社会現象となるほど人気になり、彼らの細身のスーツにタイトなパンツというモッズファッションも若者に影響を与えました。

1960年代の女性のファッションの特徴

【1】 カラフルなミニスカートで女の魅力

60s-ミニスカート60年代のミニスカートコーデ

クラシックな白黒モードからカラフルなパステルカラーを使ったミニスカートが流行りました。

現在でもミニスカートは女性の中でもトレンドなアイテムですが、流行り始めたのはこの1960年です。

ジバンシー(GIVENCHY)が発表したストンとして被る形の「サックドレス」から発生したと言われています。50年代は長いスカートでしたが、「自由」を意識したスタイルに変わってきたのです。

60s-ミニスカート1

>>>古着通販ベクトルパークで「ミニスカート」をチェック

【2】 ヒッピーファッションで個性的なファッションに

60s-ヒッピーファッション

ヒッピーとは、1960年代にアメリカに生まれた文化で、「ラブ&ピース」を掲げスローライフを謳う人達のことを指します。

そんなヒッピー達が、Tシャツやジーンズ、フォークロアといったアイテムを着ていたことが流行になりました。

髪型も男女ともに長髪で、パーマにヒッピーバンドと呼ばれるヘアーアクセサリーに、カラフルなTシャツにボヘミアン柄のボトムスといった、民族っぽいエスニックなスタイルが主流に。

>>>古着通販ベクトルパークで「エスニックアイテム」をチェック

【3】 ジャンプスーツでパンツスタイルが確執

60s-ジャンプスーツ

これまではスカートが主流だったのですが、クレージュが「パンタロン(フランス語で長ズボン)」を発表したことにより、男性が履くものとされていたパンツを60年代の女性たちの中で人気を集めました。

ワンピースに似たトップスとボトムスを繋げたジャンプスーツもその影響で流行になりました。

今となっては古着の中でオールインワンが最も有力なアイテムです。

>>>古着通販ベクトルパークで「ジャンプスーツ」をチェック

【4】 シースルーが当時の女性たちを驚愕

60s-シースルー-1

60年代は今では一般的なシースルー素材のドレスやスカートが流行りました。

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)が発表したイブニングドレスに、シースルー素材が使用されたのもこの時代で、肌を露出ではなく、肌を透かせるという画期的なスタイルに世間は衝撃を感じたのです。

60s-シースルー

>>>古着通販ベクトルパークで「シースルー」をチェック

【5】 キャットアイサングラスが登場

キャットアイサングラス-コーデ

さらに、現在ではなかなか見ないキャットアイサングラスも当時は流行となりました。

先端がキュッとなり、鋭利に上がった奇抜なスタイルに、派手さをさらに誇張するマストアイテムになったのです。

キャットアイサングラス日本のメンズでも流行

>>>古着通販ベクトルパークで「キャットアイサングラス」をチェック

60年代のレディースファッションをまとめると?

クラシックなアイテムから、奇抜な色や柄、デザインのアイテムが主流となりました。

1960年代の男性のファッションの特徴

【1】 イギリス発のモッズファッション

モッズファッション

定番アイテムとしてはモッズコート。その原点となるモッズファッションが1960年代で流行となりました。

モッズとは、モダーンズの略称でもあり、イギリスで流行した音楽やファッションなどのライフスタイルを指します。

細身の3つボタンスーツやボタンダウンシャツに、ナローネクタイを身につけ、ミリタリーパーカーを羽織るのがモッズの基礎です。

このミリタリーパーカーは、アメリカ軍で採用されたもので、これが後にモッズコートと呼ばれるようになった言われています。

モッズコート

>>>古着通販ベクトルパークで「モッズコート」をチェック

【2】 ゆったり、だけどきっちりのアイビールックスタイル

60s-アイビールック

アイビールックとは、アイビーリーグの学生たちが生んだファッションです。

アイビーリーぐとは、フットボールリーグのアメリカにある8つの私立大学(バーバード、イェールなど)の間の総称です。

エリートたちによるファッションということで、品がある良い印象を与えることができます。基本スタイルは、紺のブレザーにシャツ、チノパンですが、モッズとは違いシルエットが大きめなのでカッチリしながらもゆったりさがあります。

>>>古着通販ベクトルパークで「ブレザー」をチェック

60年代のメンズファッションをまとめると?

イギリスで誕生した体のラインを強調するモッズと、アメリカの過ごしやすさや動きやすさをを重視したアイビールックがメンズの中でも特に主流となったのです。

1960年代の古着コーデ

ミニスカを現代らしい可愛らしさプラス

60s-ミニスカートコーデ出展:Pinterest

60sのミニスカは単調なカラーだけでしたが、上記のヒョウ柄のような古着スカートも取り入れると可愛らしさがアップ!くまさん柄のクルーネックシャツも良いですね。足の太さや肌の露出をあまりしたくない人はハイソックス履くと良いでしょう。

モッズコートで60sの渋さを演出

60s-モッズファッションコーデ出展:Pinterest

モッズコートは古着に限らず一般的なアイテムとして主流です。そんなモッズコートを用いて、パーカーと合わせるスタイル。モッズコートのグリーンに対して、白と黒で統一感を持たせています。ごちゃごちゃしないようにアイテムを取り入れすぎないようにしましょう。

アイビールックのゆったり、そしてキレイメを演出

60s-アイビルックコーデ出展:Pinterest

学生らしい若々しさ、それに加えて古着っぽいオシャレな印象を与えられるのはアイビールックです。ネイビーをメインカラーとしてモノトーンやベージュで落ち着かせると、全体的なバランスが保てます。高級なお店に行く際にはオススメのコーディネート。

まとめ:60sは派手なアイテムが主流になった

このように、1960年代はカラフルなアイテムが取り入れられ奇抜なファッションに変化していったのです。

ファッションを楽しむのはごく一部の富裕層の人たちでしたが、より一般的に楽しまれるようになりました。

そのため、ヒッピーやモッズといった自由で遊び心のあるファッションや、品があるアイビールックなど様々なスタイルに派生していったのです。

60年代のファッションスタイルは古着コーデとしても合わせやすいアイテムが多いので、誰でもチャレンジすることができます。

古着でしか出せない60sのアイテムも古着屋に置いてあるので、モッズコートやミニスカ、チノパンなどチェックしてみてください。

古着通販「Shikisen」
Shikisen

古着女子から古着男子に嬉しい、トレンド古着が豊富に揃っています。海外にて世界に1つしかない一点ものであり、あなたにしか出せない個性あるファッションができます。

詳細ページ公式ページ

Kaji
某IT企業で働く古着男子21歳。おっさんぽいダボダボファッションスタイルが好きです。古着の買取や通販など、クローゼットは古着ばかりです。
\ Follow me /